試しにシャオミの激安トラッカー【mi band 6】を7ヶ月使ってたら心底Apple Watchはいらん、と思った

もう半年も前になるんだけど、xiaomiのmi bandというスマートウォッチというかトラッカーを買って思った以上に満足してる話を書いた。

【mi band 6詳細レビュー】Apple Watchが高いのでXiaomiの激安トラッカーを買って3週間経った。
毎日のウォーキングやその他の運動の励みに欲しくなったフィットネストラッカー。最初はApple watchを見ていたけど、こんなに高いのに自分に合わなかったら痛いので、中でも安いのに評判のいいXiaomiのmi band 6を楽天から買ってみた。フィットネストラッカーだけではなく非常に便利でもう手放せない。

あれからも、当たり前のように常に左手首につけていて、壊れる様子もないし不満も別にないんだけど、元々いきなり高価なApple Watchを買うんじゃなくて、自分が常時こういうものをつけていられるか安いもので試そう、みたいな気持ちで買ったので、

じゃあ、こういうものを常時つけていられることがわかったし、Apple Watchを買うか?

と自問したところ、

ないわ

と、もう心底思った。

というかむしろmi bandを試してしまったからこそ、腹の底から感じてしまったことである。というかApple Watchのみならず、Apple自体に「ないわ」と思ってしまっている。

今回その感慨について語りたい。

mi bandのコスパはものすごくいいと思うけど、そろそろもうちょっといいのが欲しい

機能面では5千円台で買えるとは思えない充実ぶりだけど、やっぱり色々気になる。

不満点1:見た目

見た目の何が不満かというと

40代女性が身につけるものとしてはカジュアル

いや、1年のうち350日はそもそもカジュアルな格好だし、引きこもってるので問題もないんですがね(笑)

でもたまに人に会うこともあるし、たまにフォーマルな格好することもあるわけで、その時はさすがに合わない…

私が高校生とかだったら、全然問題ないと思う。このフェイスとかまあまあ気に入ってるし。(ちなみにお天気マークの下の、記号みたいに見えるけど、最高気温が11度で最低気温が1度の表示です)

ちなみにこの日はクリスマスなんだけど出かけもせず家でぐーたらしてたので274歩ってすごい(恥)

でも3階建(ペンシルハウス)なので、階段の昇降はしてるから…!

結局いつも、このナイロンバンドをしているので、フォーマル用に買おうかなとも思ったのだけど、

いや、バンドを変えてもフェイスが…と。

結局何が欲しいかというと

一見アナログ時計に見えるフェイス

なのだということがわかった。

不満点2:マルチタスクができない

これは主に、

タイマーなどとワークアウトのトラッキングを同時に使うことができない

ということ。

例えば、卵を茹でるときにタイマーをセットして、茹であがるまでの時間、暇なので居間でストレッチでもしようかなという時に、タイマーをかけたまま他の画面に遷移することはできない…

結局タイマーを解除してアレクサとかにお願いし、ストレッチを始めたりする。

もちろん逆もダメ。これは地味に不便。

唯一できるのは、連動しているスマホで再生している音楽のコントロール。

不満点3:スマホから離れると全てのワークアウトが計測されないの?(水泳)

これはこの価格帯なのでGPSがついていないのは当たり前なのだけど、ウォーキングに出かける際に、いちいちスマホでアプリを立ち上げなきゃ連動しない。mi bandでwalkingを押しても「アプリを立ち上げて」とメッセージが出る。

その後は立ち止まると自動で一時停止になり、歩き始めると自動で再スタートし、便利なんだけど、なぜここはそうなるかなあと思う。

スマホと連動せずにスタートしても一応記録してくれるのだけど、距離とかの正確性が落ちる感じ。

まあ、このウォーキングに関してはまあわかるのだけど、私がちょっと納得いかなかったのが

プールにいた時にスマホと連動しなかった(更衣室にあるのでbluetoothが届かない)ために水泳がトラックされなかった

ということ…

ただこのbluetoothは結構長めに飛んでるみたいで、夏季に入る前の温水プール(更衣室から50mも離れてない?)で泳いでた時は、距離もほぼ正確(900m泳いで850mと記録されてたり)で、すごいな!と感動したものなのだけど、夏季になって屋外の50mプールで泳いでたら、泳いでいる途中で(電話との接続が切れました)と振動でお知らせが来て、トラックされなくなってしまう。

何ですと、と思って、じゃあfree styleで心拍数で消費カロリーを計測してくれればいいやと思ってやってみたら、

free styleも計測されない

これは意味がわからない…!ただ計測が続く時と続かない時があるのだけど、水泳ってウォーキングみたいにやりながらバンドの挙動を見つめていられるものではないので、どういうことなのか未だに謎。

ちなみにこのおかげでプールエンドでラッシュガードの袖をまくって確認したりいじってたら、注意されてしまった…(一応禁止だけど、ラッシュガードなどを着て隠しているならいいということになってて、でもそんな風にいじってるのを見られたら注意されるという)。

まあプールサイドまでスマホを持ってきてたら(バッグなどに入れて)計測されるんだろうけど、いくら日本でもそれはしたくないよなあ。

多分なのだけどGPSがついてたら、こういう問題はないはず…?

というわけで、

安価なトラッカーを卒業して、GPSのついたスマートウォッチにしたい

という気持ちが出てきた今日この頃。

上記の不満点はもちろん全て解消してくれるであろうApple Watch、しかし…

そういうわけで、コスパという観点では最高すぎるmi bandなのだけど、改めてスマートウォッチを検討してみて、

Apple Watchはない

とつくづく思ったわけなのである。もちろんApple Watchは上記の不満点は解消される。見た目に関しては、さすがにバンドで工夫しても一見アナログに見えるってのは無理かな…とは思うけど、少なくともオシャレな感じには持っていける。

そもそも私はiPhoneユーザーであることからApple Watchが欲しいとまず思って、自分がウェアラブル端末をどの程度つけるのか試すためにmi band 6を購入した。

ウェアラブル端末がなくてはならない生活になってしまった今、もちろん第一候補はApple Watchであった。

しかし…Apple Watchはウェアラブル端末として致命的な欠点がある。

2021年秋にリリースされたApple Watch 7でもフル充電で18時間しかもたない

これは…控えめに言ってク●なのではないだろうか…

mi bandをつけててわかった、スマホとウェアラブルの充電の違い

mi bandを使い始める前、まだApple Watchの最新版は6だったが、そのようにバッテリーのもたなさ具合というのは知っていた。

でも私はその時iPhoneも6sを使っていて、バッテリーを何回か替えても徐々に減りが速くなっていき、頻繁に充電しなきゃいけないことに慣れていた。ついでにいうとまだMacbook Airも買い換える前で、それもほとんど保たなくなってきているのに手を焼いていた(笑)

そこからいけば、Apple Watchにしても1日使って帰宅して、まあ1時間半ほど充電したり、それか途切れ途切れに充電して使っても、そんなに大変ではないのではないかと漠然と考えていた。

しかし、大体4~5日に1回の充電で良いmi bandをつけていて、

ウェアラブルを毎日充電しなきゃいけないって、ありえん

と思った。だってウェアしてんですよ。下着と違って替えがあるわけでなし。

これはね、睡眠トラックに全然興味なくて、寝る時は絶対外す、という人なら問題ないかもしれないと思うけど。

でも、ウェアラブル端末を付ける人の多くは、それが目的でなく買ったものの睡眠トラックしてみたら続けたくなる人が多いんじゃないかと思うのです。実際、自分の体調や生産性の分析になって、最も面白い部分の一つ。

ですからね、結局24時間のうちのほとんどをウェアしてたいわけなんです。

いやいや、そうはいっても1日1時間ちょいくらい(7になって充電速度は上がったらしいので)外しても良かろう

私もそう思ってましたよ。そう思ってた。

でもねえ。

まあ、確かにワンルーム住みで家に帰ったら一部屋だけでずっと過ごす…とかなら良いかもしれない。

でも私のように3階のペンシルハウスに住んで、通常の居室は3階だけど2階で食事して、ストレッチとかステッパーとかトランポリンとかも2階でして、お風呂は1階にある…とかだと、充電に計画が必要になってくるわけですよ。

お風呂の時間とか絶好のタイミングだけど、私は大概2階から、そのままお風呂に向かうことが多いのです。着替えなど2階に置いてたりするので。

で、今でも脱衣所で「あ、mi band充電したかったな」と思うこともあるわけだけど、そこから3階に行くのも面倒だから勿論しない。でもmi bandの場合は残り1%になってても1時間くらいもってるしね…(完全に切れる前に上がって充電するので、最大どれくらい持つのかは未検証)

だからApple Watchを検討してた時は考えてましたよ。

こういうのを買って脱衣所のコンセントに挿しとけばいいのではないかと。

でも…

Apple Watchのバッテリーがもたないがために、何でそこまで余計なお金かけて整備しなきゃいかんのか

と思うし、なんだか

7では8時間の睡眠トラックなら33%あれば良くて、高速充電なら8分でできる!

って、妙に高らかに謳ってるけど、はぁ?と思ってしまったのは私だけなんだろうか…

だって眠い中、何とか8分充電して寝て、起きたらもう充電切れそうなんでしょ??

そこから80%まで充電するにも、高速でも45分かかるんだよね…

朝のバタバタしてる時に…??!!!(あんた引きこもってんだろ、ってツッコミはなしね)

正直、ちょっとこれはどうなのAppleさんと思うわ

確かにiPhoneユーザーにとってはApple Watchは多機能で、何ならiPhoneなしでウォーキングにもランニングにも出かけられそうなのは良さそうだなと思う。

私もこういうの買ってiPhone入れてるけど、まあ邪魔ではあるのよね。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥4,280 (2022/09/30 21:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

でもね…

Apple Wallet使えようが、Suica使えようが、その他色々便利なアプリがてんこもりであろうとも

電池が最大18時間しか保たないスマートウォッチは未完成

ではないでしょうか、Appleさん…

そしてね、そんな未完成なものに、べらぼうに高い値段をおつけになるのね…

私はiPhone歴は12年だし、Macbook Airも2010年から使ってるし、ついでに3年前からiPadだって使ってる。

でも、この3つは連携が便利で使ってる。Apple Watchは…これらのロックを自動で外せるというのは便利そうだけど(特に最近iPhoneを指紋認証だった6sからFace IDの12 miniに変えて不便なので…)、中華メーカーの1万円台〜3万円台のモデルと比較して唯一良いのって、ほんとそこだけ。

っていうか、まあxiaomiのmi bandの時点で驚いてるけれども

中国メーカーってスマートウォッチ市場でしのぎを削ってて、めちゃめちゃ高性能なものを出してるんだなあ

と実感してる最近。中国製品が安かろう悪かろうの時代は10年くらい前に終わってますな。

mi band 6を経てスマートウォッチ選びが止まらない! Garmin、fitbit、Huawei, Xiaomi...?
mi band 6ですっかりウェアラブル端末のない生活が考えられなくなっている。で、そろそろスマートバンドからスマートウォッチに移行したいと考えているのだけど、前記事のようにapple watchはもう考えられない。そこでアメリカ、中華とデザインや欲しい機能などから候補を絞って考え中…

ちなみにまだまだしばらく愛用するであろう(スマートウォッチ決めて買ったら身内にあげる予定)mi band 6、今さっきレビュー読んだら「電話の着信通知は有料」という謎のことを書いてる人がいるけど、何のことだろう…別に何も払ってないけど普通に着信通知されますよ。

ところで私はこんなKindle本出してます、ヨロシクー(unlimited対象)

Apple沼ガジェット話
スポンサーリンク
シェア(拡散)してくれたあなたにいいことあるよう祈ります(-人-)

30代からヨーロッパの某2カ国で生活したりもしてましたが、四十路を越えて帰国。今は老親との3人暮らし。フリーランス。
もう一つブログやっとります。
https://ana-platinum.club/

フォローする
40代女の闘いの日々。

コメント

タイトルとURLをコピーしました