こどおば上等。実家に寄生できる独身中年ほど自由なものはない。

数ヶ月前に、西村博之氏の何かの発言で

こどおじ/こどおば

という言葉を知った。

「子供部屋おじさん/おばさん」の略ということで、つまりいい歳して結婚もしないで実家に住み続けているおじさん/おばさんというわけである。

正に私の現状なので、なるほど、私は「こどおば」なのだなと思った。

これはロスジェネ(日本版)と呼ばれる世代(就職難)の経済的な問題から結婚も一人暮らしも難しくなったという社会現象なのだけど

ほんと竹中●蔵(と重用した小泉純●郎)いい加減にしろよ

日本は新卒一括採用という世界でも稀なシステムを採っていて、そこに乗り損ねてしまうと一生引きずる。

中途採用というものがあると言っても、中小企業から大企業に移れる人なんて稀である。普通は同レベル同士か、もしくは大企業からベンチャー企業(好条件で)に移るというところではないだろうか。

つまり新卒時に氷河期で乗り損ねてしまった人々は、その後はなかなか追いつけないシステムになっている。

そりゃ中には逆転劇を果たした人もいるだろうけど、そういう稀有な例を元に

やる気の問題だ。自己責任だ。

などと言われて、自分を責めている人も多いかもしれない。

でも、そもそもその発想おかしくないか?と思う。

私自身は新卒時に乗れなかった自己責任な理由も色々浮かぶけれど、周囲の状況を見ても、頑張って努力した順に内定している、という印象は全然ない。

もちろん就職活動を上手く立ち回った順に、というところもあるのだけど、はっきり言って運だとか、コネだとか、元々のキャラ(営業に向いてそうな)だとか、そんな感じのことが大きく作用していて、例えば常に黙々と勉強してきたというようなタイプは過小評価されがちなのが新卒の就職活動だったと思う。

そして何より性差別も顕著だった。

このように、決して本人の努力だけでは何ともし難い要素が大きい新卒採用に乗れず、そこから上昇できるようなシステムになっていないのに、ドラマになるような稀有な例に言及して「そういう人もいる」などと発破をかけて有耶無耶にしようとするのが現代日本の詐欺的なところだと思う。

まあ、そういうわけで世の中に「こどおじ/こどおば」が増えているのは当然のことなのだが、私としては

我々は自由だ

と言いたいし、もっと「こどおじ/こどおば」である自由さを噛み締めるべきだということえある。

私自身は、20代から8年ほど都内で一人暮らしをしていて、その後海外に出て戻ってきて、今こうして、元の子供部屋(正確には、元の私の部屋は物置状態なので、元の妹の部屋を片付けて住み着いている)に住んでいるわけである。

以前会社員をしていた時のような定収入がないから、というのもあるのだけど、それと同じくらい大きな理由が

ふらふらとノマドをしていたいから

というのがある。

私はこちらのブログで時々書いているのだけど、東南アジアや南仏でホテルではなくアパートやコンドミニアムを借りて数週間〜と過ごすことがある。

クアラルンプールやバンコクだと1泊3~4千円くらいで、いわゆるタワマンに滞在できて、しかも東京ではないようなインフィニティプールがついている。

またはサムイ島のようなリゾートで、3千円台ながら十分なセミダブルベッドの部屋で毎日海に行って過ごすとか。

海外で本当に暮らすにはビザの問題があるけれど、日本パスポートで滞在できる日数(タイなら30日、マレーシアなら90日など)をやりくりしながら、Airbnbなどを駆使して東京では実現できない素敵ライフを送れてしまう。

Airbnb(民泊)
「Airbnb(民泊)」の記事一覧です。

フリーランスならネットさえあれば仕事できる。

これは会社員の人には顰蹙を買うことで、これまではなかなか言いづらくもあった。

でも、このパンデミックでリモートが定着した状況から、将来的には社員にそういうことを許可する会社が増えるのではないかと思うし(セキュリティの問題だけクリアすれば。ここはむしろ中小の方がやりやすいかもだね)、21世紀はそろそろ皆んながもっと自由になってもいい時代なんじゃないかと思っている。

一人暮らしで部屋を借りていると、年間1/3くらいそうして海外に出ている間の家賃が実にもったいない。

そもそも私が都内(の端っこ)に実家がありながら都内に一人暮らしをしていたのも、勤務先に一本で行けるとかそういうのもあったのだけど、単に

家族と暮らしていると窮屈、1人で過ごしたい

ということだったので、それも時々海外に出ている生活をしていれば、十分自由気ままな時間を持てて、日本にいる時に年老いた親といるのも苦にならなくなってきた。

もちろん結婚をしていても、まして子供がいたらなかなか難しいことである。

2020年3月に東南アジア(ランカウイ→クアラルンプール→サムイ島)での2ヶ月滞在から帰ってきて以来、ずっと日本にいて、かなり息が詰まっている今日この頃。

いい気なもんだ

と言われるかもしれないけれど、確かにいい気なもんだから仕方ない。

人生楽しんだもん勝ちである。

空と地上の旅体験メモ(旧:修行なしでANAプラチナ会員へ)
上級会員になれば、エコノミーに乗る時でも優先カウンター、優先レーン、優先荷物タグ、ラウンジの利用、予約可能な席が増え、優先搭乗、そしてマイルを使って特典航空券を取るのも枠が増えるなど、あらゆる優遇を受けます。ANAなら1年だけ条件に達してプラチナになればSFCというクレジットカードを持て、プラチナの期限は切れても、それ...

私はKindle Unlimited対象でこういうのを出してるんですが

時々キャンペーンをやっていて、先日過去に登録経験有りの私も2ヶ月299円で再登録できたので要チェック↓

Amazonサインイン
雑感
シェア(拡散)してくれたあなたにいいことあるよう祈ります(-人-)

30代からヨーロッパの某2カ国で生活したりもしてましたが、四十路を越えて帰国。今は老親との3人暮らし。フリーランス。
もう一つブログやっとります。
https://ana-platinum.club/

フォローする
40代女の闘いの日々。

コメント

タイトルとURLをコピーしました