正直レビュー

正直レビュー 正直レビュー
ガジェット話

mi band 6を経てスマートウォッチ選びが止まらない! Garmin、fitbit、Huawei, Xiaomi…?

mi band 6ですっかりウェアラブル端末のない生活が考えられなくなっている。で、そろそろスマートバンドからスマートウォッチに移行したいと考えているのだけど、前記事のようにapple watchはもう考えられない。そこでアメリカ、中華とデザインや欲しい機能などから候補を絞って考え中…
Apple沼

試しにシャオミの激安トラッカー【mi band 6】を7ヶ月使ってたら心底Apple Watchはいらん、と思った

2021年に入って、Apple Watchでワークアウトを記録したり、睡眠を記録するということに興味が出て欲しくてしょうがなくなったのだけど、そもそも自分はウェアラブル端末というものを腕につけ続けることができるのか?と気になって、高価なApple Watchを買う前に安価な中華トラッカーで試してみたところ、もう色々実感してApple Watchは今のところ全然いらない、という話。
ガジェット話

10年前に買ったKindleが壊れたのでiPadで読んでるけど改めてKindleの利点を。

実はkindle歴10年以上な私。まだ日本アマゾンでサービスが始まる前から、Amazon.comから取り寄せていたのだ。それは第3世代。しかも1年経たずして次の第4世代も取り寄せた(英国留学中)。そして最近第3世代の方が壊れたけれど10年と思うと長寿である。第4世代とあわせてiPad上でも読んでみて、今度どう読書していくか。
Apple沼

M1 MacBook Airを買って3ヶ月経ったところでのレビュー

M1 MacBook Airを発売から10ヶ月も経って購入。本当はiMacが欲しくてしょうがなかったけど、冷静になりAirに。でもこれまでとは違う色だし、届いてそれなりに興奮した時から3ヶ月経ち、大体Webブラウザベースが多い利用ながら動画編集やphotoshopも使いつつの感想。
Apple沼

【Apple沼】iMacのグリーンにあんなに恋してたのに、結局M1 MacBook Airを選んだわけ:後編

もうあんなにもiMacのグリーンに恋焦がれていたのに、結局MacBook Airを注文することになった。今回は私なりの「iMac vs MacBook Air」というか、どうにかして「iMacを買っても大丈夫」と思える根拠を見つけようとしたのだが徒労に終わった、ということを書き記そうと思う。
Apple沼

【Apple沼】M1 iMacかMacBook Airか…2週間以上も悩みに悩んだ私の決断:前編

2017年から使っているMacBook Airのバッテリーがもたなくなったところから、一気に新しいMacが欲しくなり、M1 iMacのグリーンに一目惚れしてから大分経つ。なぜまだ購入に至ってないかといえば、やはり「持ち歩きできるMacBook Airを新調すべき」というところで、これもM1機として評判は上々。さて、どうすべき。
Apple沼

お金がないのに抜けられないApple地獄。私はこうしてAppleの罠にハマった。

私の初PCはWindows機で3台続いたし、mp3プレイヤーだって最初は無骨な実用性と値段の安さから選んでいたのに、いつから私はAppleの罠にハマってしまったのか…iCloudにもどっぷり依存している今、もうApple沼から抜け出せる気がしない。
ガジェット話

【mi band 6詳細レビュー】Apple Watchが高いのでXiaomiの激安トラッカーを買って3週間経った。

毎日のウォーキングやその他の運動の励みに欲しくなったフィットネストラッカー。最初はApple watchを見ていたけど、こんなに高いのに自分に合わなかったら痛いので、中でも安いのに評判のいいXiaomiのmi band 6を楽天から買ってみた。フィットネストラッカーだけではなく非常に便利でもう手放せない。
正直レビュー

最近ウォーキング始めたら、昔買ったリーボックのスニーカーが素晴らしすぎることがわかった。

最近ウォーキングを始めて気づいたんだけど、リーボックは神のようなスニーカーである。正直リーボックというと80年代に大流行したイメージがあり、90年代が青春だった私にはイマイチなイメージだった。でも機能性が評判だったので15年前にジム用に買ったのを最近履いてて、その後に別のスニーカーを履いたらあまりにも違った…という話。
正直レビュー

【Gokuminマットレス】1万円台の硬め!腰痛が劇的に改善、まさに”極眠”。レビュー完全版

硬めのマットレスを低価格でお探しの方にお勧めの「gokumin」。2ヶ月ほど前に購入し、心底満足している。なんと1万円台半ば(シングル)で買えるにもかかわらず、まさに極眠といえる寝心地。今回は前のマットレスが合わなかったところからgokuminを選び、開封して沈み具合を比較したり、本音の感想を余すことなくお伝えする。
タイトルとURLをコピーしました