mi band 6を経てスマートウォッチ選びが止まらない! Garmin、fitbit、Huawei, Xiaomi…?

私はそもそも、Apple Watchという高価なものを買う前に、自分にウェアラブル端末というものが合ってるのかどうか試すつもりでmi band 6を購入した。

そしてそろそろ8ヶ月経つ今も、当たり前のように左手首に常に身につけている。つまり、合っていた。

しかし先日書いたように

試しにシャオミの激安トラッカー【mi band 6】を7ヶ月使ってたら心底Apple Watchはいらん、と思った
2021年に入って、Apple Watchでワークアウトを記録したり、睡眠を記録するということに興味が出て欲しくてしょうがなくなったのだけど、そもそも自分はウェアラブル端末というものを腕につけ続けることができるのか?と気になって、高価なApple Watchを買う前に安価な中華トラッカーで試してみたところ、もう色々実感してApple Watchは今のところ全然いらない、という話。

mi band 6をつけたことでウェアラブル端末を充電するというのはスマホの充電とは違うということを実感するようになった。

mi bandで5日に1度程度充電するのでさえ(公式では14日とあるけど、実際、通知などもフルで使ってるとそれくらい)、少し面倒に感じることもあるのだけど、まあその程度だったらこうしてデスクに向かっている時に、デスクの横に用意している充電ケーブルをひょいとくっつけて充電するタイミングはある。

でもApple Watchみたいに18時間しかもたない(しかも公式値だから…)というのは、ほんとそれに生活が縛られる部分が出てきそうで無理

というのが私の結論であった。

で、あれ以来、私のスマートウォッチ選びは止まらない。止まらないけど、そろそろ選びたい。というわけで候補を並べて整理してみたい。

スマートウォッチに求めること

mi band 6は正確に言えばスマートバンドなので、スマートウォッチはまたちょっと格上のデバイスかなと思っている。

で、mi band 6でも十分満足なのだけど、やっぱり…

もうちょっと腕時計感のあるスマートウォッチが欲しい!

というもの。できれば丸型がいいかな。丸みを帯びたスクエア型もいいんだけど、Apple信者の中には、それを「Apple Watchの偽物」と考える人がいるようなのだよね…。まあ気にしなければいいのだけれど、まあそう考えるのもわからないでもないので、「一見してそう思われそうな形」は嫌かもしれない。

あとは

GPSが欲しい

というのが2つ目。GPSに関しては、mi bandで水泳のトラッキング中に「スマートフォンとの接続が切れました」とよく通知が来てできなかったので、欲しくなった。日本だとスマホを更衣室のロッカーや貴重品ロッカーに入れることが多くて、そうなると切れてしまう。(中国ってどうなってんのかな?ちなみにパリも防犯上やはりロッカーだけどな)

それがなければそこまで必須の機能じゃないんだけど、でもスマホを持たずに気軽に近所を散歩してトラッキングできるのはいいかも。

で、そうなると

スマホを持たずに音楽が聴けると尚いいかも

というのはあるけど、これはそこまで絶対ではない。

あと、mi bandでウェアラブル耐性があることはわかったけど、少し重みが出て肌への接面部分も大きくなるウォッチとなると違うのかもしれないから、やっぱり最初はそんなにお高くないもので試したいな、という気持ちもあり。(ちなみにmi bandは甥っ子にお下がりにする予定なので、今回買うものも1年くらいで彼にあげてしまうかも)

見た目的にいいなあ〜と思ったのはWithingsのScan Watch

よく、状況を想像(妄想?)しがちな私。友人や知人と会っていて、何かの通知が鳴り、手首を少し返してチラ見する私…

「え?それ、スマートウォッチってやつ?見えないね!」

「え?そう?」←白々しい…

そんな会話を想像して、検索に力が入る私。まずこれめっちゃいいじゃん!と思ったのが

ちなみにこっちだとAmazonの初売りで結構安くなってる

これ、見た目もかなり好みだし、文字盤が単にアナログ風なんじゃなくて、実際アナログなんですよね。この中の小さい円にデジタルが詰まってるという方式。

逆にその発想もかっこいいじゃないですか。

ただ…GPSはついてない模様。そして、メールやLINEなどの通知設定はできるらしいのだけど(フランスのなのにLINEも設定できるのは意外)、通知の際にその円の中を内容がかけめぐりはするけど、後から確認はできない。まあそりゃこの小さな円が全てなのだから無理だろうよ。

うーん、それはな…。

mi bandでさえ

このくらいの内容確認を後からできるのだ。

この画面を越える分は表示されないので、メールだと冒頭部分だけという感じですが、まあどんな用件かくらいを把握することは可能。

このメールを送ってきたフランス人みたいに、超短文でしか送ってこないタイプだと全文表示される(笑)

常にリアルタイムで見られればいいけど、運動とかしてる時に急に止められない時もあるし、結構昼寝中に来ることもあるので(笑)ちょっとしてからスマホに手を伸ばさず確認したい時もある。

 

GPSもない、通知もその時だけ…となると、う〜ん、と。

それから、前回の記事を見て、とある方にお薦めして下さった

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥22,664 (2022/01/16 17:40:33時点 Amazon調べ-詳細)

これも見た目、とてもいい。スマートウォッチって、基本男性をターゲットにしてるのでサイズが大きすぎるのがネックだけど、ちょうど良さそうだし、フェイスの模様も何パターンかから選べてどれもおしゃれ。

あと、体のバッテリーがわかるっていうのも面白くていいな〜と思った。

ただ、やっぱりGPSがないのと、あとベルトの交換が少し大変そうなのと、純正じゃないと合わない?私の場合、普段はマジックテープなどで調節できるナイロンバンドを使いたいので(留め具の金属が寝る時に気になるので)、ちょっとここが引っかかる。

Garminで言えば

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥27,864 (2022/01/16 17:40:33時点 Amazon調べ-詳細)

このvivomoveというのも一見アナログ時計っぽく見える。これはGPSもついてるし、結構いいかもしれない。

と思ったのだけど、そのアナログ時計が結構狂ったり止まったりして、保証もきかない、っていうレビューが気になる。こういうのは個体差も結構ありそうなので、少数の運が悪い人の意見かもしれないけど(特に不満がない人はあんまりレビューせず、不満ある人の方が書く傾向にあるしね)、Apple Watchより安いとは言え、次に紹介する中華に比べると高いので、ちょっと引っかかるなあ…

やはりコスパはHuaweiかXiaomi?

なぜ日本ではiPhoneのシェアが高いのか、という理由はいくつかあるものの、その一つに、日本人は中華や韓国メーカーを嫌う人が多いというのがある。多少高くてもアメリカのAppleというわけ。

それにしても、

日本が高度成長期が始まる1960年とソニーがウォークマンを出してた1980年で全く異なるように、中国も2000年に「先行者」ネタで笑ってたような技術力の国ではない

っていうのは確実で、中国メーカーはまあ、全てではないけど多くの分野で日本メーカーを凌駕してしまってるところまできている。その一つがスマートウォッチなのではないかと思う。

Apple Watchはナシでしょう!と考えてから、私も最初はGarminとかfitbitを見始めて、やっぱりアメリカメーカーの方が良さげだという気持ちがあったような気がする。

でも、調べれば調べるほど、

HuaweiやXiaomiのレビュー評価って良いし(日本語はサクラチェック済み)、そこからいくとコスパ良いよね

と思うようになった。レビュー評価は大体日本語と英語を主に読んでるのだけど、たまにフランス語も。基本的にフランス人は辛口なので、そんなフランス人(か他のフランス語圏かもだけど、往往にしてフランス語喋る人々は嫌味くさいものである)も結構褒めてるのでなかなかなのではないかと思う。

Xiaomiのパートナー企業が作ってるAmazfitとかも良さげなんだけど、同機能で比較すると高めだなあと。

もう色々見た中で、欲しいなあと思っているのは

これ。46mmの方のベゼルもかっこいいけど、46mmってのはさすがに大きい。

46mmと42mmではバッテリーの保ちがかなり違って、14日と7日ということなので、それって色々オンにしてると実際は何日くらい保つのかな?と気になるところなんだけど、レビューを見てるとそんなに公表値から遠くはないという感じ。

このgt3はもうほとんど完璧というくらいの機能を備えている。GPSはもちろんついてるし、ワークアウトは100種類あるし、血中酸素も手動で測るんじゃなくて常時計測してくれる。しかもbluetoothでの通話機能もある。どれくらいの距離かわからないけど、意外と真下の部屋にいる時とかにiPhone忘れてると使えるんじゃないかなと思うのね。

でもApple Watchほどじゃないけど3万円なので保留。まだレビューが少なめなのも気になる(gt2を結構参考にしたけれど…)

そんな風に値段が気になるところで言えば

このmi watchのコスパは多分爆裂。1万円ちょい(今、Amazonの初売りで11,682円)で、GPSついてるってのはなかなかじゃないだろうか…

しかも自分のバッテリーが表示される機能も、上のガーミンにもあるけど、ガーミンの値段は3倍。この価格帯では他にないような気がする(調査不足だったらすみません)。

バッテリーも通常使用で16日間とされてて、常時血中酸素が測れるのもすごいと思う。セーブすれば3週間とも謳われてる。実際に通知を色々オンにしてたりするとそこまで保たないかもだけど、少なくとも10日間はいけるのでは。

なかなか揃ってるな〜。音楽保存とかはできないけど、価格を考えると十二分に、いやそれどころかなく備わってるという気がする。

今つけてるmi bandからの移行としても自然かな〜とは思ったんだけど。

でも樹脂か〜。あとサイズも大きすぎるかなあ〜

という引っ掛かり。私はここのところ、色々Youtuberのスマートウォッチ関係の動画を見漁っているのだけど、男性が多いのよね。

多分男性ならブラックとかで、カジュアルでも仕事でも違和感なくつけられるし、いいと思うんだけど、私が欲しい感じの材質じゃないかも〜。

そして大きすぎるかな…。海外の女性youtuberさんでレビューしてる人がいたけど、やはりちょっと大きく感じた(その人細いってのもあると思うけど)。

ベルトを替えれば印象が変わることもある?と思って色々シミュレーションしてみたけれど、ベージュにしたいかブラックにしたいかもわからないし、何より時計というタイプのものを買うのに

デザインがあまり好きではない、というのはどうなんだろう

という気がする。せっかく新しいデバイスが届いてワクワクしないというのは、あっちゃならんことだと思うのである。

というか日本で売られていない、mi watch revolveとかcolorとかいうのだと、ステンレスになってるみたいで形は似てるけど、一気に欲しいタイプ(大きさは変わらないけれど)。これだとワークアウトの種類が一気に少なくなって15種類くらいしかなかったりするし、日本のショッピングサイトから買えない(何かあった時に返品作業とか面倒そうだし不安)ので微妙だなあ。替えベルトとかはAliexpressとかで買ってもいいと思うんだけど、本体はまだまだ勇気がいる。

で、値段もお手頃、デザインも気に入った、といえば、

これで、これはスクエア型とはいえ、縦長でAppleの偽物とは言われまいし、バランス的にもこういう形ってアナログ時計にも前々から存在していて、そんなに強いスマートウォッチ感はないと思う。

これはほんとGPSさえついてるなら即決なんだけどなあ〜

ちょっとまだ決められない状態。

でも今は

10ヶ月ほど前は、バッテリーが保ちもしないApple Watchに5万弱出そうとしてたのか…

と思うと心底びっくり。

このスマートウォッチ探索のおかげで、自分もやっぱり少しApple信者気味なところあったのかなあ、と考えるようにもなり、自分自身のことだけじゃなくて、なんかここからAppleが切り崩されてくのでは?とか、Huawei騒動も中国メーカーの凄さも改めて感じてる今日この頃。

日本メーカーにも頑張ってもらいたいけど…

目ぼしいところでは山善さんくらいかな〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました